2017年07月31日

私の名器は出会い系にいた人妻

 セックスは相性次第で良くも悪くもなる。当然の話です。相性が悪ければお互い気まずい空気になって最悪それが原因で縁が切れるなんてこともあるでしょう。逆によければ、極端な言い方をすれば男性はその女性の体の虜になる。男性がセックスにおいて女性を『名器』と表現する場合は、つまりこの相性が見事に合致したということに他なりません。つまり『名器』とは人によってそれぞれ違うということですね。


 私にとってもそう表現していい女性が一人います。彼女は出会い系の掲示板を利用していた人妻で、結婚してから五年ほど経っているが子供はまだいないということ。セックスレスなのかなと思いましたがそういうことでもなく、週に2回はセックスしているそうです。

 ではなぜ人妻出会い掲示板を使っていたのかというと、ここで最初の相性の話に立ち返るんですが、体の相性がよくなく、旦那では満足にイケないそうです。こういった場合男性の側も満足していない場合が多く、最近はまるでお互い義務のようにセックスしているということでした。

 ただ別に旦那さんに愛想つかしているわけではなく、むしろよき夫として尊敬しているし愛してもいるそうで。このあたりが男女関係のある種面倒くさい点ですね。旦那さんのほうが彼女をどう思っているのかは私には分かりませんが。

 閑話休題。セックスを義務と感じている時点で深刻と言わざるを得ません。これはセックスに限った話ではありませんが、何事も楽しめなくなってしまったら何の意味もない。そんなことではただでさえ悪い相性は更に悪化するだけです。実際に彼女は性に対して臆病になりつつあったようで、(欲求が溜まっていたということも手伝って)それを打開するために人妻出会い系に登録という思い切った行動を取ってみたそうです。

 その人妻とは、まず「セックスを楽しもう」ということで色々とやりました。色々といってもアブノーマルなことはしていませんが。前戯として69をやったのがせいぜいで、至って穏やかなものでした。

 ところが実際に彼女の膣内に挿れてみると、これが驚くほど気持ちがいい。下腹に意識して力を込めていないとすぐにでも射精てしまいそうなほどに。彼女は彼女で顔を耳まで真っ赤に染めて戸惑うようにこちらを見てくるので、精々余裕なフリをして聞いてみると「入っただけなのにもう軽くイッた」との返答。旦那さんとのセックスではそんなことがなかったようで、驚いていたようです。

 その後、私が彼女の具合をゆっくり味わっていると、人妻のほうから抱きついてきたり、時折小さく体をわななかせたりと、彼女にとっても満足できるセックスだったようです。最後には2人同時に、盛大に果てました。


 自分が誰と相性がいいかなんて実際にヤッてみなければ分からない。私の場合それが偶然出会い系で知り合った人妻だったということです。ただ、先程も言ったとおりどこに自分にとっての『名器』がいるのか分からないので、そういう人を探しているのなら人妻出会い掲示板も選択肢の一つとしてありじゃないかと思います。
posted by 中西 直樹 at 12:42| Comment(0) | 人妻出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

人妻でも愛人募集出来るの?

愛人とはセフレと異なり、複数の相手ではなく1人だけのモノになる関係です。
そのため基本的には独身女性が年上の男性の愛人になるというケースが多くなっています。
では人妻が愛人募集に対して応募する事は可能なのでしょうか?

結論を先に言えば相手によりますが可能なケースもあります。
例えば愛人のイメージと言えば高級マンションを愛人のために買い与え、生活費も全て負担し囲うのが従来のスタイルでした。
ですがこの場合愛人を作るのは、かなりセレブ男性だけに限られてしまいます。
もちろんだからこそ愛人は成功の証であり、愛人を囲う事が出来る事はステータスだったわけです。

またマンションを買い与えるとなると妻公認の愛人という事になります。
さすがに家計を握る妻がマンションの購入に気づかないわけがないからです。
男尊女卑の時代であれば男性が優位に立ち愛人を作る事を妻は内心辛く思っていても止める事が出来ませんでした。

今は時代が変わり妻が大人しく夫の愛人を作る事を認める事は少なくなりましたし、そこまでセレブな男性も少なくなってしまいました。
なのでもっとお手軽な愛人募集を行うようになったのです。
お手軽な愛人って何?と思うかもしれません。

昔はネットで愛人募集なんて出来ませんでしたから、愛人になるのは銀座のクラブのママなどの本当にキレイで高値の花な女性ばかりでした。
だからこそ高いお金を払う価値もあった訳です。
ですが今はネットで愛人募集を行い、OLや派遣社員などの女性が愛人として立候補します。

そのためマンションを買い与えるという事はなく、愛人に対してお小遣いを渡す程度です。
いつ愛人でなくなるかも分かりませんから、愛人の女性も仕事は辞めずにプライベートな時間だけ愛人となるわけです。
この理屈で言えば人妻だって愛人になる事は十分に可能です。

ただし人妻である事を隠して愛人になってはいけません。
それだと契約違反になる可能性があります。
初めから人妻である事をキチンと説明した上で、人妻を愛人にしてもいいという男性がいれば愛人契約が成立すると言えるでしょう。

男性には独占欲があるのでなぜ愛人を人妻に?と思う人もいるかもしれません。
ですが独占欲があると同時に征服欲もあります。
人のモノを奪うという行為に喜びを感じる男性もいます。
また愛人が独身だった場合に長期間契約していると婚期を逃してしまう可能性があります。
それって男性としても後ろめたい気持ちになりますよね。
ですがすでに結婚している相手であれば、根気を逃す心配もありません。
posted by 中西 直樹 at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。