2017年08月02日

人妻との出会いも考え方次第

 少し前に『昼顔』やら『不倫サイト』が流行ってからこっち、全盛期に比べて落ち着いたとはいえまだまだ不倫ものの人気は衰えてはいません。というよりも、創作物の題材としてそれ以前から一定の需要があり続けています。

 しかし人妻と出会う機会なんてそうそうないのが現実。仮に出会えたとしても『あの人は家庭のある人だから』と引き下がる人が多いでしょう。

 ではなぜ出会いを求める人妻が集まる場所があるのか。それは結局のところ、創作物と同じく常にそういう需要が存在するからに他なりません。でなければとっくの昔に人妻出会い掲示板なんて廃れています。むしろネットが発達したからこそ、もともと欲求を抱えて悶々としていた人妻がより開けっぴろげに表に出てきた結果、衰退することなく今に至っているのです。

 人妻だとて一人の女性。そして、性欲は男性のものだけではありません。
もし結婚した相手とセックスレスに陥ったとしたら。そのことで色々と溜め込んでいるとしたら。

そして、それを解消できる場所があるとしたら。

倫理に反するとか色々あるでしょうが、そんなもので抑えられるほど性欲というのは単純なものではありません。だからこそ、人妻は出会いを求め掲示板に書き込み、人妻との出会いを求める男は掲示板にやってくる。すなわち、需要と供給です。

 それでもやはり……という方はこう考えましょう。
『これはVR体験なのだ』と。
それも恐ろしく現実感のあるVR。

実際に感触があるのにVRだなんて考えられないとお思いかもしれませんが、事実としてそういう技術はすでに開発されています。連動オナホなんかもその一デバイスです。



 ……まあ、もちろん旦那と遭遇するとかそういうリスクは避けていきましょう。あくまでVRと認識するのはベッドの中だけ、ということで。
posted by 中西 直樹 at 11:04| Comment(0) | 人妻出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする